恋する羊のBreakTime

この出会いがあなたの可能性につながりますように

【お酒レビュー】ドラフトギネス ビール

ギネスビール

ギネスビール

商品情報

香り
コーヒーと麦芽の甘みある香り
味わい
麦芽とローストによる苦みと甘みの絶妙なバランス
口あたり
なめらかでクリーミィ、そしてバランスが良い
アルコール度数
4.5%
外観
独特なダークカラーにリッチでクリーミィな泡
ギネスビール公式

フローティング・ウィジェット

ギネスビールと言えばなんと言ってもきめの細かいクリーミーな泡です。

それを可能にしているのはフローティング・ウィジェット

カプセルの働きで、缶を開ける時に缶内の圧力が一気に解放され、サージング(泡立ち)します。

1991年 英国人が考える過去40年で最も偉大な発明の1位になっています。

ビアスタイル

ビアスタイル=ビールの種類

ビールには多くの種類がありその数なんと100種類以上

発酵方法の違いで分類され,大きく3つに分類されます。

ラガー系
ラガー酵母を使い下面発酵(10℃前後で約1週間)させる
エール系
エール酵母を使い上面発酵(20℃前後で3〜5日間)させる
その他
これら2つ以外の方法

詳しくここで話してしまうとブログの長さとんでもない事になってしまうので別の機会にお話しします。

呑みレビュー

黒く輝く黒ビール

コーヒーが好きな人にはまずオススメするビールです。

おすすめ度 ★★★☆☆

口当たりはマイルドで苦味はビールというよりコーヒーの酸味に近くフルーティです。

また麦の香ばしさも感じ、泡は他のビールに比べきめ細かく、クリーミーです。

黒ビールという事も万人にウケるビールではありませんがハマる人にはハマる一品だと思います。

私はこのビールを片手にステーキが食べたくなります。

広告

ブログを最後まで読んでいただけたのなら、もしよろしければ下記広告から商品を購入していただけると幸いです。

にほんブログ村 酒ブログへ