恋する羊のBreakTime

この出会いがあなたの可能性につながりますように

【物理基礎】 速さの表し方

f:id:moviesment:20210628155644p:plain

物理基礎

今回の目標

速さの表し方(もとめ方)について理解する事です。

また今後物理を学ぶ上で常識だからこそ学校ではあまり教えてもらえないような内容も事細かに書いていますので理解し易い内容になっていると思います。

速さの表し方

物体どうしの速さを比べる

方法は2つあります

  1. 1.同じ距離を移動するのにかかる時間を比べる
  2. 2.同じ時間に進む距離を比べる方

物理での速さは

2.「同じ時間に進む距離を比べる」方法を用いて定められています。

  • 1秒(s)
  • 1分(min)
  • 1時間(h)

といった単位時間あたりに進む距離によって速さを表します。

例題

1.1minあたり100m進む人の速さは100m/min(メートル毎分)

2.1hあたり80km進む車の速さは80km/h(キロメートル毎時)

速さの求める式の例題

100mを 10sで走る人の速さはの求め方は

100m ÷ 10m = 10m/s(メートル毎秒)

つまり、1秒で10m走れる人という事になります。

速さを求める文字式

まず、文字式が何を求めるものかを再度確認します。

同じ時間に進む距離

次に文字の意味を明確にしておきましょう

x:距離

t:xあたりにかかった時間

v:速さ(同じ時間に進む距離)

例題を文字に置き換える

速さ=(距離)÷(xあたりにかかった時間)

これをもっと省略した形にします。

f:id:moviesment:20210628172637p:plain

実数を使った実例をもとに文字式すると全て小学生の算数になる事がわかります。

まとめ

  • 速さ=(距離)÷(xあたりにかかった時間)

  • 分数は割り算を省略したもの

上記2点を踏まえて1文字に置き換える

x:距離

t:xあたりにかかった時間

v:速さ(同じ時間に進む距離) 

f:id:moviesment:20210628173343p:plain

 

文字式を暗記しないこと

物理が苦手な人はどうしてもやってしまいがちです。

確かに短く簡潔に文字式は速さの求め方を表していますが、それぞれの文字が何を意味しているかが分からないまま暗記した場合それは記号でしかなく式としての役割をする事はありません。